忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[10]  [12]  [8]  [9]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

back_cover.jpgUCカードの情報誌『てんとう虫』07/04に数寄屋の特集が組まれた。
特集のタイトルは「数寄屋、あいまいさゆえ」。
じつはその中の「インスピレーションの源 写しの手法」「数寄屋のしごと」を担当した。
「写しの手法」では、「本歌」としての桂や如庵について述べ、その「写し」として古典の名作や近代の建築家の仕事をあげた。
そこで大胆にも、F.L.ライトの落水荘を、自然(水)と人工(建築)との関わりから、「写し」の視点を大きく広げたものとして取り上げた。
そもそも「写し」とは単なるコピーではない。
歌の世界での「本歌」「本歌取り(写し)」の関係は、連想からどんどん広がるもので、創造の一つの手段である。
近代建築には、数寄屋を本歌とした「写し」が多く存在する。
いかにもそしらぬ顔をした近代建築から、その「本歌」を探すのも、また楽しい作業である。
「数寄屋のしごと」では、数寄屋師の山本隆章棟梁と横山竹材店について、昨年の数寄屋師の世界に引き続いてのコラムである。
ほかには、西和夫先生の「軽妙、遊び心、自由。それが数寄屋」、中村昌生先生の「利休の茶室」、大川三雄先生の「数寄屋建築とモダニズム」、また金田中や恵庵の案内なども掲載され、少ないページであるが充実した内容である。
ご希望の方は、ここにバックナンバーの申込要領が記載されているので、ご覧いただきたい。

きりさこ
(以上、ブログ「住まいと茶と山と」から転載加筆)
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]