忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2018/02. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28 
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSCN1000.jpg 研修棟木工チームは連日、40本の丸太柱と格闘しています。もう穴あけ加工にかかってからずいぶんになりますが、まだ終わりません。ようやく穴あけが終わり、土台に差し込む柱脚の加工に入ります。

4寸角の土台はよしやまち町家の方で1年生が担当し、ほぞ穴と蟻掛けの加工をしていますが、それを受けて2年生がほぞと外側に回り込む部分を加工するわけです。これもなかなかたいへん。もう夏休みが目の前ですね。がんばれ、野郎ども!




DSCN1230.jpg そんな中、久しぶりの実験です。本日は筋交いの耐力試験。試験体はいつものフレームで、加力するジャッキを付け替えて、水平力をかけます。筋交いは杉材で、厚さ15mm、幅90mmを2枚、貫を挟んで中央をビスで止めます。圧縮筋交いとして設計、引張りは考慮しないものとしますが、実験で強度を確認します。

わが設計では、できるだけ貫構造としたいので、筋交いは初期的な剛性の確保に利用するもの。適当なところで座屈して力が抜けてくれる方がいいだろうと。

さて、引張りと圧縮を徐々に反復しながら強めていきます。









DSCN1233.jpg
引張り側では、1/120rad変形時で、荷重は2.4kNでした。これは同じ変形時の圧縮側の5.3kNにくらべて、半分以下の数字となっています。ビス1本で止めているだけですから、どんどん抜けていくのですね。釘で止めてやれば、もっとスムーズに抜けていくはずです。

画像は45mm(1/40rad)変形時のもので、下側の浮き上がりが12mmほどでした。













DSCN1234.jpg 圧縮側では、どんどん筋交いがたわんで来ます。40mmあたりで、中央の2枚の筋交いを止めているビスが抜けました。

画像は40mmほどの変形時で、下側で大きくたわんでいます。60mmほど進んだとき(およそ1/30rad)に、下のビスもはずれ、裏側の筋交いが破断、実験は終了としました。

最大耐力はビスが外れる直前のところで、8kNでした。下に実験結果をグラフにしています。ばらつき係数を乗じないで、壁倍率は圧縮側で2.7、引張り側で1.2となります。結果的に、壁倍率で2.0くらいはみてよさそうですね。


(さのはるひと)




sujikai0712s.jpg

































PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
うらやましい環境ですね。
勉強し直したいです。(^^)
2011/07/15(Fri)09:10:45 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]