忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

shiokoji08201.jpg

 ナカニシです。20日、盆明けの作業が再開しました。久しぶりの現場に来てみると、お盆休みの間に京都を襲った豪雨の影響が。ブルーシートを抜けて雨が侵入、せっかくの化粧野地板にシミを残してしまっています。サノ先生、どうしましょう?
ーー仕方ない。柿渋を塗ろう。

 この日、電気屋のナカザワさんが来られて、化粧野地の裏の配線作業。天井フトコロがない建物では、こんな手間を掛けることになります。この配線を除けて断熱材と流し桟を張らねばなりません。化粧野地の上を這う配線は2カ所の配線ダクトに集められます。

shiokoji08202.jpg

先生、この配線は見えて来ませんか?
ーー配線を板で包んでダクトにするんだ。押入の中を通って、1階の床下に抜ける。後で蓋を開けて修繕できるようにするのさ。2階のスイッチには、やはり床の二重の床板の間を通ることになる。
エアコンの配管もそのダクトを通るのですね?
ーーそう、長寿命の家づくりを目ざす平成の京町家では、とくに電気や給排水などの設備系の補習をしやすくすることが重要だからね。
でも、屋根の上や床の中の配線はそう簡単にいじれないですよ。
ーーそう、完全には無理だね。空配管をしてやればいいけれども、まあ、そこまでしなくてもいいだろうという判断だ。できるだけ露出させ、見えにくくなるような工夫を講じるのがいいと思う。

shiokoji08221.jpg

 断熱材には、杉皮を繊維状にほぐして同量のパルプを混ぜ合わせて成形したフォレストボードという自然素材断熱ボードを使用しています。厚さは20mmを二重にして使います。これを半分に切って、はめて行くのですが、電ノコで切るときの埃がたいへん。

shiokoji08222.jpg

 配線の除け方ですが、流し桟は下を1cmほど切り欠いて付けます。ボードは下の1枚を切り、上の1枚は天井の取付穴のところだけ窓を開けて、コードが上に伸びるようにしてやります。こうすることで、天井に器具を取付けてからコードを上に押しやる隙間ができます。結構、面倒です。1日で屋根の半分が終わりました。やれやれ。


shiokoji08223.jpg

                            (ナカニシでした。)



PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]