忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [119]  [129]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 touji0317.JPG 1年リーダーのコバです。この春休みはほとんど東寺町家の工事に費やすことになりそうです。毎日、泥と格闘しているような気もしますが、いろいろなことを覚えられるのが、収穫です。

 ここしばらくは、町家の妻壁の外側の補修です。波トタンを張る予定ですので、下地を打ち付けます。下地は柱の間に縦桟、その上に横桟を打って行きます。桟を取付けながら、壁の厚みを増すために荒土を塗り付けて行きます。かつての壁土がぼろぼろこぼれて下に堆積しているのを掘り出し、それに新土と藁すさを練り混ぜながら、厚塗りします。

 隣では、れなさんたち2年生チームが、遅い昼ご飯を食べています。これは食卓ではなくて、やがて床下に入れる掘りごたつの箱なんだそうです。
 作業はいよいよ内装の仕上げ
に入り、どんどんきれいになっ
touji0319.JPGて行きますね。
 



 3月19日、やっと横桟まで打ち上がりました。昨日から暑いくらいの陽気で、汗が目に入ります。2階の壁塗りも何とか出来て、何とか明日からのトタン張り作業ができるかな?
      (週末、浜松の実家に帰省していたコバでした)


 オザキっす。卒業茶会の稽古やら準備やらで、久しぶりの東寺町家です。高いところ大好き!足場丸太は教室の椅子よりも座り心地がいいっすよ。みんなよくやってくれたね〜。感心感心。後はオレに任せな。トタン張りは2日か、十分十分。
        (鳥取に帰っていた余裕のオザキでした。)


 サノ: ちゃんとやっているかな?何だか縦桟がまばらだなあ。間が空くと、釘を打つのがたいへんだよ。きちんと縦桟を入れておきなさい。

 今晩から雨が降るそうだから、シートを上に懸けて、作業ができるようにしておいてください。足場を濡らすと、滑って危ない。あまり降ったら、作業は中止だよ。
 
 毎日、よく頑張ってくれています。もう少しで、この一連の仕事も一段落。そうしたら、打ち上げしようね!(中国から僕が帰って来てからになるが、よろしく。)










 

 

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]