忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[331]  [330]  [329]  [327]  [328]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

hkch04161.jpg

 平成京町家伝統型モデルハウスを本校学生木工チームで建てます。2年前に卒業したタダ君を棟梁に、14名のチームを引っ張る2年生ナカニシ学生棟梁、施工図担当はオオサワ長老、デザイン担当はイシハラさん、材木担当にワカヤマ君。とてもしっかりとした陣容のチームができました。学校としても大いに期待を寄せています。

hkch04191.jpg

 春休み中に練習した追掛大栓継ぎをいよいよ本番に生かします。タダ棟梁の眼で合格とされた上位メンバーで材を刻みます。選にもれた生徒諸君には丸太削りなど別の大切な仕事を担当してもらいます。でも、日頃から練習して、いつの日にか刻みを任されるように頑張ってもらいます。

hkch04192.jpg

 学校が休みの土日も出て来て刻みに夢中になる若者たち。真剣そのものです。

 これは4寸角の力垂木を継いでいるところです。今回の設計ではすべての構造材はあらわしで、頭上に見えて来ます。下手なことでは空間に緊張感が出ません。プロの大工でもたいへんなことですが、初めて道具を手にして1年の生徒たちが挑戦を始めました。 1本1本の材木をどう配置するか、どう見せるか、皆で意見を出し合い、墨を確認しながらの作業です。とにかく、愛情をもって木に接して欲しいと教えています。

 今回のこのプロジェクトには、京都市の担当課のみなさん、京都市住宅供給公社や平成京町家コンソーシアムの先生方、京都府建築工業協同組合、京北森林組合、京都府瓦工事協同組合、京都左官協同組合などご協力いただく関係諸団体のみなさんの意気込みと期待がかかっています。木工チーム以外の学生諸君も、また応援の皆様方にも、これからの日本の木造住宅のために、おおいに関心を寄せてくださいますよう、お願い致します。


                                 (さのはるひと)




 
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]