忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2年のモリタです。貫入れ担当です。貫の後は根絡み担当です。どちらにしても陽の当らない暗いところでしずかに作業しています。暑い夏なので、それもいいかと思っていますが、一人、あまり陽に焼けてないような気がしています。

DSCN5733.jpg

 写真は開け忘れた貫穴をこつこつ掘っているところです。
(ナカニシ:開け忘れたんじゃなくて、開けるかどうか、判断を保留していたところです。)


DSCN5739.JPG

 8日から始めた貫入れも、ようやく2階に回って、ほぼ外周の貫が入ったところです。これでとりあえずお盆を迎えます。お盆明けに楔を入れることになります。

DSCN5731.JPG

 これは1階の床下に柱の足元をつなぎ止める根絡み材を加工しているところです。2寸4寸のひのき材を柱の両側から挟みます。その後で、その上に直交方向に4寸角の根絡み(足固め)を入れていくことになります。これも結構手間が要りそうです。お盆明けの一週間で根絡みと屋根の断熱材、野地板打ちを終える予定だそうです。

                          (左京区出身のモリタでした)






PR
DSCN5697.JPG

オカノです。屋根の上はぶち暑いです。もう顔も腕も真っ黒になっています。でも、杉板をどんどん3寸釘で打って行くのは何か楽しいです。ひたすら釘を打ち続けます。汗がどんどん出て流れます。3~4人で作業していて、半日で水やお茶を6~8㍑は飲んでいます。全部汗で出ますけど。(笑)

DSCN5709.JPG

 下ではナカニシたちが貫を入れています。貫は厚さ5分、成4寸の杉板を2尺間隔で4段入れています。桁行きと梁間とで段違いになっています。これも地味な仕事ですが、1本1本と入って来ると、面が出来てきて、内部空間が現れてくるようで、いいものです。

DSCN5720.jpg

屋根全体に化粧野地板が打てたのは11日。3日間もかかりました。卒業生のイワモトさんが遊びに来てシート張りを手伝ってくれました。全部張れた屋根の上は気持ちいいです。ブルーシートを張ると、海のように真っ青で、空につながって行きます。お盆になったら、瀬戸内の実家に帰って泳ぐぞ!

                     (因島出身のオカノでした)




DSCN5570.JPG

2年生のオグリです。上棟式を終えて、お盆休みまでの1週間で屋根をこしらえます。今日は4寸角の太い垂木を載せました。4月に最初に追っ掛け大栓継ぎで繋いだものです。皆でよいしょよいしょと声を合わせて据えました。母屋にはコーチボルトで留めます。頭が出ないようにのみで座彫りをして、ドリルで先穴を開けて、インパクトにソケットレンチをつけて、ぎゅいぎゅい締め付けてやると、がちんとついて動きません。


DSCN5608.jpg
  夕方にタナカ棟梁が様子を見に来られました。高所作業でちゃんとヘルメットを着用して安全に作業しているかどうか、監督に来てくれたようです。垂木の出をどのくらいにするか、一緒に検討していただきました。

 もともとのサノ先生の設計では、3尺の出でしたが、どうもバランスが悪いと、その後2寸ほど縮めてありました。現場で見ると、4寸角もそんなに太くないようです。先生、もっと伸ばしてもいいんじゃないですか?青いテープが3尺5寸です。

サノ:確かにこうして垂木だけを見ると、もっと伸ばしてもいいように見えるね。でも、おそらく出来上がったら、やっぱり太くて、長ったらしくならないかなあ。テープでは長いと思うよ。

生徒たち:もっと伸ばしましょう。伸ばしましょう。

サノ:わかった、わかった。棟梁、広小舞の位置を見たいので、貫を置いてください。その位置、3尺にしましょう。タダ君、それで切ってください。


DSCN5620.JPG

 翌日、どんどん垂木を置いて、すべて並べました。なかなか壮観です。面戸も防火を考えて、2寸の厚さの杉角材をはめていきます。明日から1寸厚の杉板を化粧野地に打つ予定です。

                       (岐阜は岩村出身のオグリでした)






 
shiokouji08051.jpg


 8月5日、上棟祭。安井理事長の指示で、略式ながらも、ある程度古式にのっとって行おうと、周到な準備がなされました。飾りつけられた墨坪、墨差し、曲尺、ちょうな、掛矢など、いずれもここまでの刻み作業に使われた道具たちです。半紙と麻生を巻いて清められています。

shiokouji08052.jpg

 式は祓い清めの儀の後、吉田事務長による祝詞奏上、そして多田棟梁と学生たちによる上棟の儀(槌音の儀)と運びました。下で棟梁が御幣を降り、上で二人が掛矢で棟木を叩きます。「千歳棟、万歳棟、永永棟」の3度繰り返され、最後に御幣で地を突いて終わります。

shiokouji08053.jpg

 木遣りを唱う京都府建築工業協同組合の役員たち。会長である木村棟梁をはじめ、番匠保存会のメンバーでもあります。こういう声が響くのは気分がいいですね。歌とともに、儀式はクライマックスを終えます。

shiokouji08054.jpg

 工事をおこなっている学生たちが紹介され、激励の拍手を受けました。みんな、よくここまでがんばった。これからも体調と安全に気をつけて頑張ってください!

shiokouji08055.jpg

 最後に式に参列した関係者、見学のひとたちも一緒に記念撮影です。大勢のひとたちが見守ってくださいました。ありがとうございました。


shiokouji08056.jpg

 おや、麦わら帽子のこの方は新町通りの「無名舎」主人、吉田孝次郎先生。祇園祭連合会会長でもありますが、もう祭も終わりましたね。お疲れさまです。町家を新築するということで、見に来ていただいたようです。お隣はスイスから日本の伝統建築を学びに留学している怜奈さんと、わが吉田玲奈さん、2人レナで写真。ほかにもたくさんの卒業生たちが駆けつけてくれていました。みなさん、ありがとうございました。

                              (さの)




shiokouji08041.jpg

 8月4日と5日は展示場に建てられている他の4つのモデルハウスの構造見学会が催されています。他の建物では工事はおやすみで、学校の普及センター棟だけが建て方工事をにぎやかに進めています。この日もレッカーが入り、組合のベテラン大工たちが応援に来てくれました。葭塾から佐々木さん、澤井さん、山内さんの若手3人と、福井・田中・辻本3棟梁たちが見えています。

shiokouji08042.jpg

 応援に来てくれている佐々木さんも山内さんも、背が高く、格好が決まっていて、本当にカッコいい。わがタダ君もなかなか格好いいのですが、こうして写真で比べてみると、学生たちのグループに所属してしまいます。ちょっと遠慮しているのかもしれませんね。彼らの活躍で、手直ししながらも、小屋梁はほぼ組み上がりました。午後からは小屋束を差して行きます。

shiokouji08043.jpg

 最後に太垂木を載せるということで、学生たちが棟の合わせのところに目地を加工します。上では束を差しながら、母屋を据えて行く作業をやっています。込み栓を打つ学生たちは両足をかけていても、やはり腰が引けていますね。垂木を留めるコーチボルトを用意していなかったので、垂木を載せるのは後日としました。通りごとに小屋束を雲筋交いで固定して行きます。

shiokouji08044.jpg

 みなさんのおかげで、何とか明日の上棟式を迎えられます。駆けつけた学園の安井理事長もよろこんで、みなさんと記念写真です。みなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

                          (さの)




  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]