忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月21日、先週に引き続き、概論授業における卒業生による職業紹介がありました。今度は意匠設計から、神戸で活躍されている高宮透さん。2005年の卒業になります。

DSCN1964.jpg

高宮君は学生時代から、個性的なデザインを根強く追い掛けていて、やはりデザインのよくできる数人の仲間の中でもとりわけ「巨匠」と呼ばれて、設計作品が出て来るのを楽しみに待たれていました。(半分は冷やかしでしたが。)
卒業後、京都の設計事務所につとめていましたが、寝る暇もないくらい忙しく働かねばならぬ事務所に嫌気がさして、退職、自分を見直すために、そもそも建築をやろうと思うにいたったガウディを見にバルセロナに向かいます。バルセロナに半年ほど住み、日本に帰って来て、温熱環境設計を得意とする設計事務所に意匠担当として勤め、このほど独立して自分の事務所で仕事を始めたところです。

神戸の面白い住宅の作品、バルセロナ時代の友人のためのカフェ。これはちょうどバルセロナに滞在していた森田一弥さんとのコラボ仕事なんだそうです。(写真)

DSCN1969.jpg
バルセロナのカフェ「うさぎ」

高宮君は照明計画を担当したとのことですが、スペインのアパートはこんな風にレンガの壁、レンガのボールト天井で、実にカッコいいですね。それを見事に森田さんの漆喰の磨きがスマートに生かしています。高宮君の照明は歴史的な遺跡を照明する仕方に倣ったものだそうです。

専門学校の学生時代の懐かしい作品も紹介しながら、後輩たちに丁寧にアドバイスをしていただきました。現役生徒たちにはいい刺激になったでしょう。心より感謝です。

今後の高宮君の活躍ぶりをおおいに期待したいです。なお、高宮君自身がブログで今日のミニレクチャーについて紹介していますので、そちらをぜひご覧下さい。

→http://t83kata.blog72.fc2.com/blog-entry-279.html


                               (さのはるひと)





PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]