忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/09. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a4e0e2ab.jpeg

 お盆過ぎていよいよ鉾杉塾さんの茅葺き作業が始まりました。とはいっても、まだ下地となる構造材である垂木をきちんと留めるところからです。午後、この日から参加する生徒たちを連れて現場に向かいました。


4ac42a52.jpeg

 にわか雨の後、新参者は茅の整理作業です。すでに午前中から作業をしていたババッチが手本を示してくれます。茅は鉾杉塾の河原林会長さんの茅葺きの家に置かれていたものを使います。長くて粒の揃ったもの、長いがそれほどでもないもの、短く切られた穂先の束、株側の束、という風に整理されていきます。
小さく可愛い屋根ではありますが、それでも驚くほどの茅の量が必要となります。

bcc08a1c.jpeg

 5時になり、本日の作業はここまで。みなでお茶をいただきながら、この後の作業の段取りの話をしています。明日は垂木を切り揃え、広小舞を打ち、横竹を編み始められるそうです。心配なのは天気です。この頃は大気の状態が不安定で、雲が来たかと思えば雷雨が始まるので、その度ごとにシートを掛けたり外したりしなくてはなりません。日差しはとても熱いけれども、雨が降りませんように。

                             (さの)




moksho1208021.jpg

 7月29日に大野の茅葺き小屋の上棟式をおこないました。右京区長さんも来られ、餅撒きもありました。その後、庇の屋根の骨組みができてきました。今晩はこれから茅葺きをするに当って、打合せに茅葺き家の塩澤さんが来られるというので、サノ先生も小塩にて一緒にご飯を食べるということになっています。
サノ先生の奥さまがパエリアなどの料理をつくってくださいました。

moksho1208022.jpg

 茅葺きの職人さんというので、ごついおじさんを想像していましたが、何と、イケメンのお兄さん(は言い過ぎ、若いおじさん)が、車から車椅子で降りて来られました! 聞けば、3年ほど前に脊椎を痛めて下半身が動かなくなってしまったとのこと。サノ先生との民家の屋根談義が果てしなく続いて、すごい物知りの方だな〜と感心してしまいました。

 食事の後、これからの茅葺き体験セミナーの話になって、まず、僕たちに「男結び」を覚えるよう、手ほどきをしてくれました。丁寧にわかりやすく、不器用な僕たちにも何度も教えてくれました。ああ、この人は本気で教えてくれているんだ。きっと今度の茅葺き体験は充実したものになるだろうな、頑張らなくちゃと心から思えるようになっていました。盆過ぎからのセミナーを楽しみにしています。

moksho1208023.jpg

ありがとうございました。          (岐阜出身インド人のババッチでした)




木匠塾2012はNPO鉾杉塾さんの手がけている大野地区での茅葺き小屋建築工事のお手伝いをします。ぼくたちはまず膨大な量の壁土を篩い、わらすさを混ぜて練るという作業に当りました。ひたすら土を練っておりました。2日ほどやって、26日はほかのイベントもあって、お休みをいただきました。それで、前に約束した林業家のSさんの離れの板壁を修繕する作業に行きました。

moksho1207261.jpg

 板の隙間から雨が入るようになったので、よく雨の当る箇所の板をはがし、新しい板に替えるという作業です。剥がしてみると、中から大きな蜂の巣が。幸い、もう蜂はいませんでしたが、いたらたいへんなことになっていましたね。まもなくすべてきれいに剥がせたので、断熱材としてグラスウールを二重に込めます。とりあえずこの日はシートを掛けてかえりました。明日は新しい杉板を切って釘打ちします。

moksho1207262.jpg

 サノ先生も一緒に夕食を食べます。この日はソーメン。料理が得意なスンチョルが用意してくれました。彼の家でつくっているキムチは最高です。サノ先生が取れ立てのズッキーニをニンニクオリーブオイル炒めしてくれました。美味しい!簡単にできそうなので、ぼくもやってみよう。
                                  (ユウヒでした)

miyama08191.jpg

今日は日曜日で木匠塾の1年生たち9人は茅葺作業がありません。彼らの先輩たちが10年ほど前の木匠塾で美山自然文化村に制作したツリーハウスのメンテナンス作業に行きました。6月に来た折りに見たところでは、芯に抱いている杉が太って、穴が窮屈になり、食い込んでいる状態。穴を大きくしてやる必要がありました。

リン :いい雰囲気だね〜。
タクミ:これがそのツリーハウスか。ええやん。のぼってみよう。
リン :ホント、杉の幹に食い込んでる。これを広げて楽にしてやるんだな。
タクミ:奥の方にあるのが京大生たちがつくったツリーテラスだそうだ。
リン :階段もなくて登れないね。
タクミ:上にあったテラスが腐ってしまって、撤去されたらしいで。
リン :先生が残っている構造も解体して整理するようにと。
タクミ:あっちはタケさんとタイシ、ババッチが担当する。おれらはツリーハウスや。

miyama08192.jpg

タクミ:まず丸太で足場をつくるんや。
リン :バンセンでくくるわけね。
タクミ:自分で締めた上に登って行くんでしっかり留めな。
リン :足場ができたし、ワタルと穴開け作業に回る。
タクミ:ユウヒと屋根に昇るし。杉の枝がいっぱい、滑って危ないで。
リン :細いロープで縛るようにと。屋根に滑り留めを打てばいいんだが、。。板がないそうだ。
タクミ:代わりに箒くれたで。
リン :ゴミと一緒に落ちて来るなよ。

miyama08193.jpg

 隣ではタイシとタケ、ミヤタケネーサンが解体をやってます。10年経って木は腐ってますが、ナットが回ってくれるので何とかボルトを外せます。危ないので、順番を考えて外して行きます。2時間ほどですべて解体。何も無かったような空間に戻りました。さて、作業が終わった人はせっかくだから、近所の茅葺き集落を見ておいで。リンとタクミ君はごめん、ツリーハウスの作業を続けてください。

リン :床の穴、何とか空いた。屋根も開けるんだな。。。ちょっと大きすぎたかも。
タクミ:まあ、ええやん。大は小を兼ねるって言うし。
リン :次は防腐塗料を塗るんだそうだ。
タクミ:いよいよ滑って困る。。。脚立が空いたからそれを足場にしよう。

miyama08194.jpg

リン :ずいぶん高いところも馴れて来たね。
タクミ:防腐塗料も塗れたので、降りよう。足場も順番に外して行く。
リン :一日でバンセンとシノの使い方おぼえたな。
タクミ:まずまずの達成感や。さて、はよ片付けて、北村に見に行くで。


miyama08195.jpg 1年生諸君、実にてきぱきと作業をやってくれました。おつかれさま。作業が終わるのを待っていた子どもたちがさっそく、ツリーハウスに登ります。
「毎年ここに来て登るんやで」
「へえ、そうなんだ。怖くない?」
「昔は怖かった。その内一人で登れるようになったんや」

神戸から見えた別の親子さん:
「子どもができる前からいいなと思ってました。子どもたちも毎年ここに来てこれに登るんを楽しみにしてます。いつまであるかなと思っていたけれども、こうして手を入れてくれているのを見て嬉しく思ってます。」
なるほど、ここに毎年来て登ってくれているんですね。毎年毎年の思い出がこのツリーハウスに蓄積して行く。つくり手としてこんな嬉しいことはありません。

 これまで、危険なので使用不可に、撤去する、などと検討されて来たけれども、こうやって残してくれている自然文化村に感謝です。ぼくたちも毎年見に来て、傷んだところがあれば、修繕します。これからもよろしく!

            (さの)






 
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]