忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[131]  [119]  [129]  [130]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 touji0228.JPG

 コバです。小舞を初めて編みました。まず貫という板をきちんと柱の間に納めて、それにエツリというやや厚め幅のある割竹を縦横に36cm程度の間隔で入れて釘で留めます。古い小舞やエツリは、下半分が腐っていたので、新しいものに替えました。結局、ほとんどが新しくなってしまいましたが、使えそうな小舞は使おうと思います。小舞竹はエツリよりも細い竹を指2本分くらい開けて二分縄で編んで行きます。

 サノです。ややや、ほとんど古い小舞が残ってないじゃない。全部新たに編むの?たいへんだなあ。でも、その方がしっかりするね。よし、やってしまおう! 一番下に貫を入れてください。小舞は下端を1cm程度開けて編む。縄は上下にきちんと編むと小舞がしっかり付いてずれないよ。古い細い小舞も適当に挟み込んでいきましょう。今日中に終わってください。
 大舟を持って来たので、古土を入れて水合わせをしましょう。1/3強に新しい練り土を混ぜ込んで、わらすさをたんと入れてよく練って下さい。

 この日、手伝いに来ていた施主友人氏がうんうん、土を混ぜてくれました。明日、塗らせていただきま〜す。隣の主屋で工事をしている皆と一緒にお茶です。主屋ではレナと2年生チームがあれこれの造作工事をしています。大分、室内がそれらしくなってきました。もうちょっとだね。


touji0302.JPG

 テラです。翌日3月1日は残りの小舞を編んで、いよいよ荒壁塗りです。僕は高校生だったときに、この学校の体験教室に来て、小舞編みと荒壁塗りをやりました。思い出すなあ。
 階段のあるところは、もともとあったように、外から編みました。夕方近くになってやっと小舞編み完了!サノ先生が来て、検査!OKが出て、荒壁塗り!メグさんも参加です。4枚分の壁を1時間程で塗りましたが、肩や手が結構疲れます。先生は15分で塗れと言うけど、初めてでは無理!(プロは一日に20枚ほども塗るらしい。)途中から、サイ取りという役目を担当しました。長い柄のついたフォークみたいな道具に土を取り、塗り手のコテ板めがけて土を突き投げます。案外、面白い!何か充実の一日でした!  (コバ、テラ、クリ、メグ!)



 
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]