忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2017/10. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[129]  [130]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 gate0219.JPG

 ゲート改修リーダーのミウラです。2月19日、いよいよ最後の仕上げ、ベンガラ塗り作業となりました。ベンガラを柿渋で溶いて薄めて塗り出しましたが、柿渋の植物繊維?がベンガラを捉えてよれよれ固形化して来て変になって来てしまいました。柿渋をあきらめて、ベンガラを水で溶いて塗ることに。できれば、白木のまま措いておきたかったのですが、すぐにも雨で汚れるので、そうは行きません。さらば、白木のゲート!

 gata02192.JPG

 薄く赤に染めたかったのですが、吸い込みの違いから、斑になるので、どうしても濃くなって行きます。杉はきれいに塗れますが、ひのきは今ひとつです。案外時間がかかって、だんだん暗くなって来てしまいました。最後に塗ったショーケースは、後日見れば、ずいぶん斑だらけでした。

gate0226.JPG

 塗ったその晩はたいへんな雨でした。きっとベンガラが流れて落ちているだろうなあと、翌朝、学校に来てみると、意外や意外、何も落ちていません。ウエスで拭き取りながら塗ったのがよかったのでしょう。

 それから1週間、雨ばかり続いて、やっと晴れた26日、待望の油葺きです。サノ先生の指示もあって、細かいペーパーで斑をいくらか取り、木目を浮き出たせてから、荏(え)油を薄く塗って行きます。淡いピンク色がさっと赤茶色に変化し、木目が浮いて、塗っていて楽しくなります。♪

 これでこのゲート制作作業も全行程を終了しました。長い間ご覧いただきまして、ありがとうございました。後は竣工図を描き上げ、写真を整理して、卒業制作展にて公表します。見に来て下さい!

                        (ミウラ・コーダイ・ジュン でした)




 



 
 
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]