忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[282]  [297]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

shikibu0710a.jpg         
こんにゃく王子のナベです。毎日、あつくて、もうくにゃくにゃ。日曜日は右京区のウッドデッキ工事の屋根作業をしました。めちゃくちゃ暑い。この日、用意していったもの、いただいたものを含めて、一人でお茶やジュースを4リットルくらい飲みました。バールや差し金が熱くて持てないくらい日差しが強いです。

まず、広小舞を垂木の先端から15mm下げた位置に打ちます。そこから30cm間隔で、小舞を打って行きます。端は垂木の外面に合わせて打ちます。後で破風板を取付けるのだそうです。

瓦屋根の軒下は狭くて、腹這いになってもぐり込まないと打てません。今回はビスではなくて、釘を打っています。狭いところで釘を打つ練習になりました。あははは..、汗だくです。

何だか頭がくらくらして来ました。ちょっと一休み。お茶をぐいぐい飲んで、何とか復帰しました。こんにゃく王子は水が切れると危ないのです。

昼食の後、気を取り直して、ポリカーボネイトの波板を並べ、出を調整して、傘釘で留めて行きます。これは昨年、京北の木匠塾で経験済みとはいうものの、きれいに揃えて打つというのは、なかなかたいへん。



shikibu0710.jpg
       あまりに暑いのと、学校の軽トラを別件で使うとのこと
   で、早めに作業を終えて、学校に戻りました。破風と残
   の釘打は次回に。次は床板もできるぞ。

 (何か今日は仕事した気分    ♪  
                                     湯で上りこんにゃく王子でした)











PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]