忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[221]  [231]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [222]  [220]  [219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


kenshu11111.jpg
木工チームリーダーのガキです。サノ先生のいない11月6、7、8日と3日間で柱をすべて建て、後から入れられない貫を結び、腕木も納めつつ、外周足場を設けました。

サノ:すごい!よくがんばってくれたね。君たちはほんとうにいいチームだよ。感心感心。これで13、14日に上棟が迎えられそうだ。

ガキ:3日間、小塩で合宿でした。夜は寒かった。セキさんが日曜日に来てくれてお昼をつくってくれました。

サノ:月曜日は?

ガキ:自分たちで用意しました。

サノ:お疲れさまでした。今日はぼくたちがお昼をつくるので、こころおきなく仕事に励んでくれ。今日は?

ガキ:腕木の残りと両側の桁を仕込みます。立ちも直して、モミ子を打ちます。足場はカワサキさんに指導してもらい、内側を建てます。





kenshu11112.jpg
サノ:さて、桁は4寸角材を金輪継で2〜3本を継ぐんだったね。うまく納まるかな?

ガキ:全長で13.5mありますからね。重ねほぞに楔を打ちます。腕木に載せる出桁も納めていいですか?

サノ:あれはダボで留めるけれども、ダボの準備ができていないんじゃない?今日は口合わせだね。

ガキ:何とかレッカーが来て梁を載せられる段取りまでできたようです。13日に梁を納めてしまいましょう。

サノ:こうして腕木が納まって並んでいる光景はいいね〜。部材が納められるにしたがって、整然、凛とした感じになって来て、嬉しいものです。

ガキ:いよいよ次回は上棟です。いつもよりも早く現場に到着するよう頑張って来ます!

(リーダーのガキさんでした)





PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]