忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2017/10. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

jutaku0917.jpg
建築科1年のイトーです。9月17日、夏休み前からやっていた木造住宅課題の最終提出、発表会がありました。模型やらプレゼンも作成して、皆、眠そうです。全員が全員の作品を採点し、その後にグループ毎の発表をしました。

わがチームは「環濠集落」でしたが、全体として、それほど環濠を生かせてないな〜、という印象。もっと戸外の空間をうまく生かせるように、造園を勉強したいです。

次のグループは「塀なしオープン」というテーマでつくっていました。中には、一部の床高を地面よりも下げて、掘り込んだ家を設計する人、家の中を覗かれないよう工夫をそれぞれに凝らしている人など、いろいろでした。

その次には「縁側のある家」というテーマで、和風の家並みを目指し、屋根は瓦で、高さを揃えるというルールを皆で守ってやってみました。普通は軒の高さを揃えるのだそうですが、このグループでは、最高高さで揃えているそうです。

それから「コミュニケーション」をテーマにしたグループ。ほとんどは、近隣のコミュニケーションを主に玄関で取ろうと、広いポーチ空間を設ける、広い玄関をこしらえ、玄関先に大勢が座れるような家づくりをしていました。皆があつまってバーベキューをしたりすることができるような、もっと積極的なつくり方があってもよかったのかな?

最後に「トトロの森の家」チーム。中央に向かって、皆、片流れの屋根をつくっていたのが印象的でした。

どのチームも、テーマにそれほど固執しなかったのか、町並みとしてしっかり見えるようなところまで至っていないな〜という印象でした。
(もう一度やりたいイトー)







PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]