忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 mokko010jpg.jpg

建築科1年のヤマグチです。設計デザインは好きで、今も美術館の設計を楽しんでいますが、木工はもう一つうまく行かず、う〜〜ん、あまり楽しめません。こういうのは苦手なんだろうか?と思い始めています。後期はめいめいが自分でデザインした椅子をつくっています。といっても、基本形は先生が示してくれているので、それを自分なりにアレンジするというものですが。授業の目的は、木工の加工精度を高めようということなんだそうですが、僕の場合、どうも思ったようにノコギリやノミが働いてくれません。でも、回りを見ると、進みが悪いのは僕だけではなさそうだけれども。

mokko013.jpg

相変わらず、女の子たちは楽しそうです。でも、進み具合は僕とおなじくらいかも。やっと今日から刻み始めています。もう終盤を迎えようという頃なのに、今まで何してたんでしょうね。え?、デザインに時間を掛け過ぎたんですか。なるほど、それは出来上がりが楽しみです。何をやってもソツがないナカさんは、さすが、もうおおよそ組み上がってるようです。あれ?ナカさん、何を悲鳴あげてるんですか?何だか大きなミスがあったようですよ。大丈夫ですか?お疲れさまです。

mokko015.jpg

こちらの方では、全体が組み上がって来ています。ひのきの板で構成されている椅子が組み上がると、こんな感じにできてきます。先生によると、ここからがデザインの領域で、自分の形ができてくるところが楽しみなんだそうです。僕もはやくそこにたどり着きたい...。隣でこつこつやっているマツシマさんは本当にきれいな仕事です。道具もマイツールで、いつも研いでいるだけあって、見事に切れています。こだわりというか、ものつくりに対する姿勢が違うなあ。

mokko017.jpg

こちらはいつも明るく楽しい元気いっぱいのメンメン。彼らはグループでベンチをつくっています。学校のベランダに置くのだそうです。どうやら、骨組みが刻み終わったようで、組み立てて嬉しそう!なかなかいい仕事に見えます。これから板をはめ込む加工をして行くのだそうです。細かい仕事が残っていますね。頑張れ!

試験が終わったころに、みんなの作品を並べて品評会をするんだそうです。初めての椅子づくり。何とかちゃんとつくって、自分の部屋で使おう。  (普段は寡黙なヤマグチでした。)







PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]