忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2018/10. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 moku0908201.JPG

 鹿児島出身の1年カネモトです。木匠塾前半はバイト代を溜めてバイクを買い、信州辺りを旅していました。遅ればせながら登場です。話には聞いていたけれども、小塩は山ん中だな〜!もっとも都会よりは好きですが。さっそく、地下足袋を買って参加です。まずは、土台を置き、角柱を建てて行きます。地面がぼこぼこなので、土台のレベルがいい加減。う〜ん、これでは精度が出ませんね〜。
2年生たちは下屋の作業場で丸太柱の貫穴を彫っています。早くしないと間に合わないよ。

 翌日は前半で用意した間伐材の丸太で足場を拵えました。カワサキ師匠に番線の巻き方を教えてもらいながら、組んで行きます。師匠は長い丸太を中央付近に建てて、ロープを四方に張って、滑車をつけています。何でしょう?

 カワサキ:お前たちに「センボウ」を教えてやろう。今は材を組むのにレッカーを用いるけれども、昔はこうして引揚げたもんだ。ちょっと前でも、京都のまち中の狭いところなら、使っているところをよく見たよ。今回は重い小屋梁をこれで吊り上げてみよう。おい、そこのロープを引いてみな。声を掛けて、ソーレ!

c839e27b.jpeg

 おお、見事にするすると上に丸太が揚がって行くよ。なるほど。こんな風に揚げてたんだ。でも、段取りに時間がかかるのが難点だな〜。この丸太はそんな重くないから、皆で担ぎ上げちゃえ。

 カワサキ:おい、コラ待て! 今は大勢いるからそんなことができるけど、普通は大工2、3人で仕事するんだ。無理しないでロープをうまく使わないと、腰を痛めるぞ。

 何とか梁が納まり、その上に桁が載ります。う〜ん、何だかうまく口が合わないな〜。のみと玄翁で削りましょう。こりゃ、たいへんだわ。


moku0908203.JPG

 今日一日で、やっと軒桁まで進みました。遠くから見ると、丸太の一直線がきれいです。太いと思った小屋梁も、そんなに重々しくないです。皆で記念写真。組み上げているのは全員が1年生。2年生は削り仕事です。何だか逆のような気がするよ。そう言えば、1年生は大学卒、社会人が多く、2年生は高校からそのまま上がってきた者が多いので、皆、年下ですね。明日、仮組を完成させましょう!
                        (鹿児島は伊集院出身のカネモトでした)
            




PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]