忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2018/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[237]  [238]  [236]  [234]  [233]  [235]  [232]  [221]  [231]  [229]  [228
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

cafe2010nishino.JPG自然と戯れるカフェ(初夏)

教科書に載っている事務所ビルをカフェに改修するという課題に対してつくった作品です。隅のスラブと壁を抜いて、大きな木を植え、建物と自然との共生をテーマにしてみました。
 
1階
北東の一角に植えたシンボルツリーに寄り添う空間としています。一年を通して季節の移ろいを感じられる木として、桜をイメージ。北面と東面に設けた開口部は晴れた日に開け放ち、外のオープンテラスにつながっていきます。街の中で自然と共にゆっくりとした時間を過ごしてほしく思います。
 昼間は上下階に通した天窓の光が室内に落ち、日射しの動きにゆったりとした時間が感じられます。夜にはその窓に夜空が写り、一枚のピクチャーウインドウになります。
2
 1階と同じく、北面と東面の開口部大きなはめ殺しの窓とし、明るさと景観を楽しめるものとしました。南東の空間では中央に設けた、ガラス板をのせた大きなテーブルを中心に座って、会話と空と緑を楽しんでもらいたいです。
 
 自然とは別の次元に作られた建築に、自然が与えてくれる心地良さが感じられる空間創りを目指しました。結果として、桜を中心に円弧を描くように外部と内部がつながるようにし、建築と自然の対比を残しつつ、その空間の曖昧さを強調することで一体感を表出させることが出来たと感じています。このカフェで自然の必要性を感じ、共存の大切さを抱いてほしいです。
                             西野 隆雅
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]