忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2018/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[242]  [241]  [240]  [239]  [237]  [238]  [236]  [234]  [233]  [235]  [232
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kenshu12061.jpg 2年木工チームのシタミツです。今日で、屋根の下地が出来上がりました。11月いっぱいで終わる予定が、2回分くらい遅れてしまいました。これでようやく屋根屋さんにバトンタッチできます。

前回に、越屋根の垂木受けができ、ルーフィングを張ることができたので、それで屋根屋さんに入ってもらうことはできたのですが、越屋根の垂木を掛けて、小舞を打ち、破風や鼻隠しをつけて、完成!

屋根屋さんたちも、この日から唐草(軒やけらばの端回りにつける垂れ部分)をつけたり、ガルバリウムの屋根板を付け始めていました。10人も屋根に昇って作業していたら、邪魔でしたでしょうね。

12月というのに、青空で日差しが暖かく、汗をかきました。暇なサノ先生はカメラを持って山に登っていたようですが、こんな写真を撮っていたんですね。





kenshu12062.jpgこの越屋根部分にはポリカーボネイトの波板がついて、トップライトとなります。下から見ると、結構幅が広くて、明るいです。夏は暑いかも。二重に掛けられた垂木と小舞がなかなかきれいで、気に入りました。

昨年の管理棟にも小さな越屋根がついていますが、あれは屋根通気のための換気棟なんだそうです。最後に撮影して、ブルーシートで養生して帰りました。

(シタミツでした)



kenshu12063.jpg

サノ:これで無事、峠を越えられた。みんな、お疲れさま!今晩はわが家で打ち上げしよう!


 
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]