忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[252]  [254]  [253]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 shikibu01.jpg

昨日は鷹峯の町家で壁塗りをしてくれた1年生の二人を誘って、家の近所のとある家の破風のベンガラ塗りを行った。この家の一部を改修をデザインしたのだが、破風のベンガラ塗りを学生工事とさせてもらった。(改修工事についてはまた後日、私のブログで紹介しましょう。)
二人はすでにわが家で高所のベンガラ塗りを経験済みだ。言わなくても、さっさとペーパーをかけ、養生をし、ベンガラを塗ってくれるのだから、実に頼もしい。ここではいくぶん、墨を混ぜて暗い赤にしている。母屋も合わせて、2箇所の破風回りで1kgほどのベンガラを要した。柿渋で溶き、水で伸ばして塗っている。柿渋はしばしば金属を捕まえて分離、沈殿させてしまうので、扱いが厄介だ。今回はどういうわけか、問題が生じなかった。

shikibu02.jpg

昼食後、上の破風の作業に二人を上げて、私は油塗り。最近、かつて使っていたエゴマ油が倍ほどに値上がりしたので、アマニ油を用いているが、さほど問題はなさそうだ。てきぱきと片付いたので、予定よりも早く作業を終えることができた。逆側にも破風はあるのだが、 雲が出て来て寒い風が吹いてきた。つづきはまたの機会にしよう。お二人ともご苦労様。またやろうね。(さのはるひと)



PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]