忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [237]  [238]  [236]  [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サノです。1年の後期最後の自由課題は美術館です。今年はウオヤ先生に指導してもらっています。どれどれ、どんな感じで進めてくれているんだろう?ちょっと製図室を覗いてみました。

uoya12071.JPG
製図室の窓側で10人ほどがウオヤ先生を囲んで、何やらやっています。ひとりひとりの案を模型で説明してもらい、ウオヤ先生がコメントを入れています。ゼミ風景ですね。

建築のかたちの面白さを引き出そうと、わかりやすいざっくばらんな模型でコミュニケーションをとっているようです。

図室のあちこちで、みな思い思いの模型をこしらえていて、楽しそうです。

uoya12072.JPG製鴨川の堤の川側に美術館を考えるんだそうです。大雨のときにはたいへんなことになるので、まあ、現実には無理かな。思いっきり面白いものを考えてみようという趣旨ですな。

卒業後すぐに現場に出ていって、役に立つ建築教育が求められている専門学校では、どうしても奇抜なデザインで遊ぶよりも、現実的で、すぐにも施工できそうな堅いものを求めてしまいがちになります。やはり若い学生たちには、あまり細かなことを言わず、思いっきりやってもらった方がいいのかもしれませんね~。

模型で楽しんだ後に、図面化するところで、たいへんな苦労があるかもしれないけれども、大まかな動線計画や断面、おおよその校造の見通しが立てばいいことにしましょう。みんな、おもいっきりのびのびとやるんだぞ!
       (このごろはすっかり職人になった さの)

 
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]