忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/05. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSCN5007.jpg   前回に引き続きイワモトです。20日の日曜日に現場に行くと、サノ先生がおられて、壁塗り作業されてました。僕の顔を見るなり、版築の原寸図を描くぞと。

 コンパネを立てて、そこに版築土塀の寸法をとり、原寸を引きましたが、写真を撮るのに、見にくいので、紙テープで線を出しています。

 これがその写真です。石の基礎の幅が60cmなので、そこから版築をテーパをとって描いています。基礎からおよそ1.2mほど上がったところで幅を30cmほどとしています。

 頂部に瓦を載せるために、下に厚板を敷き並べて、その上に塀瓦を葺くというアイデアです。通常の築地塀のように、蛇腹をつくらない方式としたいようですね。

 瓦のてっぺんは地面から1.8mほどになります。版築では型枠を3回据えて、突き固め作業を3日間かけて行うことになるそうです。




DSCN5012.jpg

 写真をもとに、版築と木軸の土塗り壁を描いてみました。縁側に座って眺めると、こんな感じになります。左の塀の高さは2.5mほどになるそうです。庭は紅葉の庭になるとか。正面のちょっと下げた版築塀の高さは、もうちょっと揚げてもいいのかな、というぐらいでどうだろうと、サノ先生。う〜ん、確かにもう15cmくらい揚げたいかも。でも、それだけ揚げると、版築のテーパ(転び)が小さくなって、直立に近い印象になってしまいますね〜。
                           (版築担当のイワモトでした)

1月21日 版築テストピースつくり

 サノです。今日はイワモト君が来れないとか。仕方ない、自分でつくるとしよう。
コンパネで型枠をつくり、土と石灰を配合して、叩き締めて様子を見ることに。
畑中久美子さんが風邪で来れないということで、配合の提案がメールで届いています。

A   まさ土10+石灰2
B まさ土10+中塗り粉土2+石灰1

という2種類の配合を試してみようと。やってみます。

hanchiku01211.jpg

配合A       1まさ土 2石灰 3混ぜた様子 4水を6カップ混ぜて練った様子 
      5半分を型枠に入れて  6突き固めたところ 7残りを入れて突き固めたところ

7寸*7寸*7寸の型枠にまさ土を一杯に取る。石灰を1.4寸の高さまで入れ、両方を混ぜる。結構白っぽい土になる。これに水を少しずつ降り混ぜて、パサモル状態に練る。半分を型枠に取り、搗き棒でつき固める。3.5寸の高さを2.5寸になるまで搗き固め、残りの土を入れて、搗き固める。雨が降って来て混ざったせいか、ちょっと水が多かったかも。最終的に、30%減の2寸ほど下がった位置でこれ以上はなかなか進まなくなった。結構叩いてももう下がらない。下から水が沁み出て来ている。次はもう少し水を抑えてみよう。

hanchiku01212.jpg

配合B      1まさ土8 2中塗り土2 3石灰1 4突き固め 51寸ほど下がる 
    6残りの土を入れる  7最終状態 1寸ほど下がる

先ほどとは配合を変え、粘性土である中塗り土を混ぜて、石灰を減らす配合としている。水は5カップと、先ほどより1カップ少なめ。かなりぱさぱさであるが、搗き固める内に水が回ってくる。今回もほぼ同じほどしか下がらなかった。70%まであとちょっとというところでなかなか進行しない。

この状態で型枠を外してどうなっているか確認したいところだが、それは明日にしよう。
搗き固める棒を工夫する必要がありそうだ。あまり底盤が大きいとなかなか締まらないように思う。またあまりに小さいと、土が横に逃げる。6〜7cm角くらいが適当だろうか。意外に突き固めに時間がかかる。今回は10cm盛って7cmに搗き固めるというピッチだが、それできちんと平均に締められているか、型枠から外してみれば分かるだろう。石灰が効いてきてしっかり固まるまでは1ヶ月くらいかかるのだろうか。    
                                 (さのはるひと)
                          


     

    

            





PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]