忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2017/10. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[307]  [308]  [306]  [305]  [303]  [304]  [302]  [301]  [300]  [299]  [295
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 建築科2年のマツイです。今年の土壁耐力試験の準備作業を紹介します。
通常の伝統土壁よりもやわらかで軽いものをつくってみようと、フォレストボードという杉皮のリサイクルでできた断熱材をほどいてスサに混ぜてみようという実験です。うまくいくかどうか、試しにサンプルピースをつくろうということになりました。

JIKKEN11006.JPG

 画像はフォレストボードを細かくちぎってほどいたものと、土、水です。今回は量的に1/5ほど混ぜたもの、1/3ほど混ぜたものなどをやってみます。意外に土の量に比べてすさの量が多く、混ぜ合わせるのが
難しそうです。このちょっとだけのフォレストボードをちぎって水につけてほどくだけでもずいぶん手間がかかりました。本番の時はどうするんだろう?

JIKKEN11007.JPG

 1/5ほど混ぜるのは、何とかそれなりにできましたが、その倍のスサを混ぜるのは、とても塗れそうにありません。1/3ほどで何とかやってみました。型につくるのは何とか格好がつきましたが、竹小舞に塗れるかどうか、心配です。色々とスサの量を変えて、4種類の土サンプルができました。これを乾燥させて、圧縮試験をします。1体しかつくれませんから、信用度の低いデータになってしまいますが、おおよその見当はつくだろうと思っています。ちゃんと固まってくれるといいのですが。どうなるか楽しみです。

                              (こんな実験も好きなデザイナー、マツイでした)
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]