忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2017/10. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[309]  [307]  [308]  [306]  [305]  [303]  [304]  [302]  [301]  [300]  [299
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イワモト:建築科2年のイワモトです
オ〜バ: オオバです
イワモト:今年の構造実験は土壁らしいよ
オ〜バ: 何でもスサを大量に混ぜて柔らかくて軽い土壁をつくるらしい
イワモト:ふつうの藁スサだけでなく、フォレストなんちゃらを混ぜるとか
オ〜バ: ふ〜ん、ほとんどサノ先生の趣味だね

jikken11001.jpg

イワモト:あ、これこれ、これがそのなんちゃらボードを混ぜてつくったピース
オ〜バ: おそらくね。。。1、2、3、4と4種類ある
イワモト:配合ノートがある。なになに、
      ピース20cm角厚さ7cm 2.8ℓ 中に、
      フォレストボード20cm角厚さ15ミリのボードをほぐして混入せし
      1:1.4枚  194g  6.9kg/100ℓ
      2:1.7枚  235g  8.4kg/100ℓ
      3:0.75枚 104g  3.7kg/100ℓ
      4:0.55枚  76g  2.7kg/100ℓ
     これ、わかる?
オ〜バ: 土100ℓ 中に含まれるフォレストボードの量だろうね
     通常、100ℓ の土に混ぜる藁スサは0.5kg 程度とあるから、5〜15倍は入れて
     いるってことだね
イワモト:フォレストボードって、杉皮をほぐした繊維とパルプを混ぜた断熱材って言ってたね
オ〜バ: 今度の実験では、そのボードの耐力試験もやるらしいけど、土壁とボードを合わせた
     ものもやるらしい
イワモト:さらに、土に混ぜたものもやってみようというわけか
     そうだ、この間、グループ分けしたんだ
オ〜バ: そのリストがここにある
      A 通常の伝統土壁両面塗り t70
      B 通常の伝統土壁片面塗り t55+FBt25貼り
      C    FBt25両面貼り
      D FBt15*0.5混入土壁  (1.9kg/100ℓ)
      E FBt15*1.0混入土壁  (3.8kg/100ℓ)
      F 藁スサ5kg    混入土壁  (3.3kg/100ℓ)
     僕のチームはD
イワモト:僕のチームはEだったかな〜

jikken11002.jpg

イワモト:試験も終わって、みんな開放感を満喫しているね。土塗りも楽しそうだ
オ〜バ :ちょっとやってみるくらいがいいね 1枚分の竹小舞を編むのに、けっこう時間が
     かかったよ。町家ではあれを100枚くらいつくるんだぜ、たいへんな量だ
イワモト:100枚も!1枚で150ℓ、240kgだから、15m3で24t!すごいね
オ〜バ: 全部がそんなに厚いとはかぎらないだろうさ。でも町家の重さの半分以上になるらしいよ
イワモト:やけに詳しいね
オ〜バ: ちゃんと授業に出てたからね

               (僕もちゃんと出てました...。 イワモト)






PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]