忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
[学校内のあれこれをお伝えします!]
2019/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [307]  [308]  [306
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

eiheiji11.jpg

ナベ  :うわ、なんだこれ?でっかい石が積んである
イワモト:これが一乗谷城下町の門さ
オ〜バ :15世紀中頃らしいよ。550年も前のことだ
ナベ  :秀吉もでかい石を好んで積んでいるけど、当時の流行なんかな〜
イワモト:朝倉も文化的な大名だったみたいだね。館跡には石庭もあるらしいから、楽しみだね

eiheiji12.jpg

オ〜バ :これが復元された町並みか。目抜き通りの割には閉鎖的だな〜
ナベ  :半分は武家住宅なんで塀だらけなんだ
イワモト:九州の島原や知覧にもこんな道があるよ
ナベ  :復元だから仕方ないけど、みんな同じ表情になってしまうね
オ〜バ :実際はもっと個性がにじみ出て変化があったんだろう
イワモト:同じ業者につくらせないで、あちこちに分担させればいいのかな

eiheiji13.jpg

ナベ  :いや、これなんか町家風だね。妻入りで、設計は変えてあるんだけど
オ〜バ :あるんだけど、同じだね
ナベ  :どうしてかこうなるんだろうね
イワモト:土壁の色やつくりが一緒だからだろうさ
ナベ  :これ、モルタルみたい
オ〜バ :下地にはちゃんと竹小舞編んで壁土塗りになってるのに、勿体ない
イワモト:この時代に竹小舞が使われていたのかな〜?

eiheiji14.jpg

ナベ  :内部は窓も開けっ放しで寒くない?
イワモト:寒い時には突き出しの板を下げてフタするんだろうね
ナベ  :まっくらじゃん
オ〜バ :板には槍カンナがかかってる
イワモト:まだ台鉋は出回っていなかったらしいよ
ナベ  :柱梁もぼこぼこ チョウナはつりままだね
オ〜バ :実際には火をくべているので、燻されてまっ黒になっているはず
イワモト:ここでも火を焚いたら、それ風に見えてくるだろうにね
ナベ  :最初の武家屋敷は焚いてたみたいだよ。いい感じになってた
イワモト:やっぱり家は使わないと嘘くさいし、変だよね

eiheiji15.jpg

ナベ  :これが有名な朝倉館の門か。記念写真撮ろうよ
イワモト:残念、記念写真はボツ
オ〜バ :唐門はきれいな形だけど、お殿様の館にしては風流だね
イワモト:この門はもともとの屋敷の門ではないらしいよ どこかのお寺の門の移築らしい
オ〜バ :なるほど、道理で。
イワモト:それにしても、どうしてこんな山の谷筋に城下町をつくったんだろうね
オ〜バ :秀吉なら、すぐに水攻めしちゃうね
イワモト:その前に信長に滅ぼされてしまったんだ

eiheiji17.jpg

イワモト:これは城主館の上方にある諏訪館の庭で、一番まとまりがいいと思った
オ〜バ :大きな館にはどれにもなかなかの石庭が組まれているよね
ナベ  :でっかい滝の石にはなんやら文字が彫られている
イワモト:滅ぼされた城主たちに対する供養として彫られたそうだ
ナベ  :ふ〜ん、芭蕉なんかが来たら名句がつくられただろうにね
オ〜バ :石はこの周辺から集められたそうだ。秀吉がつくれば、もっと名石を集めただろうけど、
     さすがにこの時代にはそんな余裕はなかったんだろう
イワモト:でも、何か桃山期の豪華さはないかもしれないけど、武家好みな感じはあるんじゃない?
ナベ  :今は庭として植木なんかが整備されていないけど、植栽をそれなりにちゃんとしたら、
     これは名園だよね
オ〜バ :おそらく、京都から庭師を連れてきてどんどんつくったんだろうな。斜面をうまく利用し
     ていると思うけど、何だか、つくられたという感じが抜けないのはどうしてかな
ナベ  :やっぱ遺跡のままなんで、庭としては半分しかできていないんじゃない?
イワモト:朝倉館の庭の中央に花壇の跡があったね。数寄屋の建物越しに石庭を組んでいたけど、
     規模がずっと小さくて、不思議。きっと山の斜面にも庭がひろがっていたんじゃない
     かな。今後の調査でそれがわかるといいね。
オ〜バ :歴史資料として、勝手な復元は許されないとは思うけど、これをベースにして庭も建物も
     どんどんつくってやったら、すごい魅力的な観光施設になりそう
イワモト:そうだね。中途半端な観光施設ではなくて、じっさいに人が住んで文化的な深みのある
     復元をやってみたらいいと思う

       (今回はまじめなふらふら三人組でした イワモト ナベ オ〜バ)
       







PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • 京都建築専門学校
京都市のど真ん中府庁前で、創立60年の伝統を誇る小さいけれど真面目な建築学校です。ユニークで色々な経験を持った先生たちが揃っています。平成24年度入学願書受付中!
  • 最新コメント
[07/15 井上建築デザイン]
[11/22 キタオカ]
[06/15 これなが]
[06/15 これなが]
[05/03 馬場 裕]
  • ブログ内検索
Copyright © 京都建築専門学校 ニュースレター All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]